乗り鉄してみて、過去に見過ごしていたものに改めて気付かされた

しばらく前のことですが、東武日光線に乗り鉄する機会がありました。栃木県日光市の報徳二宮神社と如来寺へお参りした後、下今市駅から南栗橋行きの区間急行に乗って帰ったのです。下今市から新大平下までは各駅に止まり、その後板倉東洋大前、栗橋に停車して終点の南栗橋に着きます。山間から平地へと変化する様子や、建物がだんだん増えていく様子など、車窓から見る風景がとにかく面白かったです。中でも栃木県鹿沼市の板荷(いたが)駅では、駅の住所や標高、浅草からの距離などが書かれていたのが印象に残りました。特急や急行が通過する小さな駅が、自分の存在を一生懸命アピールしているような感じです。

さて東武日光線には、子供の頃、父の実家へ行くために何回も乗ったことがあります。そのときは春日部から快速に乗って下今市で降りました。当時の快速の停車駅は東武動物公園、新大平下、栃木、新栃木、新鹿沼で、通過する駅には特に関心が向きませんでした。今では快速がなくなって時代の変化を感じるとともに、区間急行に乗ったことで、過去に見過ごしていたものに改めて気付かされたように思います。ミュゼ カウンセリング 予約